神奈川県弁護士会所属市民総合法律事務所は、横浜に設立された様々な案件を取り扱う法律事務所です。

レフトメニュー

法律相談バナー

プライバシーポリシー

民事
商事
家事
刑事弁護
消費者問題
取り扱い地域
用語の説明
具体的金額
具体的金額
刑事弁護
少年事件
離婚
債務整理
相続・遺産分割
遺言書
交通事故
労働事件
未公開株
武井共夫
金谷達成
西本暁
奥祐介
今井史郎
織田慎二
岡村あすか
伊藤正篤
・電話
Eメール
交通機関
サイトマップ

顧問弁護士をご検討中の方へ

こちらのページでは、顧問契約のメリットについて、ご説明いたします。

1.顧問契約のメリット

(1)優先的に法律相談・経営相談を受けられます。

弁護士に相談をしようと思っても、まず弁護士を探し、次に法律相談の予約をし、と時間や労力がかかります。顧問弁護士がいればこのような手間はかからず、優先的に法律相談を受けられます。

(2)気軽に法律相談・経営相談を受けられます。

何か疑問が生じたときに、費用の心配をせずに気軽に弁護士に相談ができます。また、通常電話やメールでの相談は受け付けておりませんが、顧問弁護士であれば電話やメールでの相談も可能です。

(3)迅速な対応が可能です。

弁護士は、通常複数の案件を抱えており、多忙です。しかし、顧問契約を締結しているご依頼者の案件については優先的に対応いたします。

(4)紛争の事前予防

契約書を作成する前に顧問弁護士が確認することにより、将来の紛争を事前に予防できます。契約の締結に立ち会うことも可能です。

(5)万一の時に安心

取引先等と問題が生じそうな場合であっても、顧問弁護士に相談してから対応することを相手に伝えることができます。 また、顧問弁護士の意見として相手に回答することにより、取引先との関係を損なうことなく交渉をすることができます。万一問題が発生した場合であっても、すぐに弁護士に相談・依頼することができます。 いつでも相談できるという心理的な安心感を得ることができます。

(6)個人的な相談も対応できます。

顧問先(会社)についての相談だけでなく、経営者ご本人やそのご家族のご相談にも対応できます。会社の役員や従業員のご相談も、顧問先(会社)と利害が対立する場合でなければ対応できます。

(7)低コスト

月額顧問料は後述するとおりですが、法務専門の従業員を雇用するよりもはるかに低コストです。また、より専門的かつ的確なアドバイスを得られることは言うまでもありません。

2.顧問契約の内容

顧問契約を締結することにより、主に以下のような法的サービスが受けられます。

(1)法律相談

簡易な相談であれば、電話やメールでの相談も可能です。面談が必要な場合であっても、最優先で対応します。

(2)契約書その他の書面の確認

契約書等の書面の内容を事前に(契約締結前に)確認いたします。ただし、内容が複雑なものや調査を要するものについては別途費用が発生する場合もあります。

(3)簡易な書面の作成

簡易な法律書面を作成いたします。ただし、内容が複雑な場合や弁護士名で作成する場合には別途費用が発生します。

3.顧問契約の費用

(1)会社・法人・個人事業者の場合

標準月額54,000円(消費税込)。ただし、相談の多寡等に応じて月額32,400円から108,000円までの増減があります。

(2)個人の非事業者の場合

標準月額10,800円(消費税込)。ただし、相談の多寡等に応じて5,400円から32,400円までの増減があります。