神奈川県弁護士会所属市民総合法律事務所は、横浜に設立された様々な案件を取り扱う弁護士事務所です。

弁護士紹介

武井 共夫

出身
・東京都出身
・東京学芸大学附属高校卒業
・東京大学法学部卒業

略歴

昭和54年 4月司法研修所入所(33期)
昭和56年 4月弁護士登録(横浜弁護士会)
昭和56年 4月横浜法律事務所入所
昭和59年〜平成4年全国証券問題研究会(旧)事務局長
平成3年流行語大賞流行語部門・銅賞を「損失補填」で受賞
平成4年〜6年全国証券問題研究会(現)初代代表幹事
平成4年 4月市民総合法律事務所設立
平成6年度7年度
12年度・13年度
日本弁護士連合会消費者問題対策委員会副委員長
平成7年度8年度横浜弁護士会消費者問題対策委員会委員長
平成9年度横浜弁護士会副会長
平成10〜14年神奈川県消費者被害救済委員会委員
平成13年〜株式会社テイン(14年4月ジャスダック上場)社外取締役
平成14年〜19年横浜国立大学大学院国際社会科学研究科非常勤講師
平成15年〜横浜地方裁判所・横浜簡易裁判所民事調停委員
平成16年〜20年横浜市消費生活審議会委員(18年〜被害救済部会長)
平成18年〜24年頃横浜地方法務局筆界調査委員
平成19年〜22年金融先物取引業協会あっせん委員
平成20年度横浜弁護士会会長 日本弁護士連合会常務理事
平成21年度日本弁護士連合会理事
平成23年〜横浜簡易裁判所司法委員
平成23年〜独立行政法人国民生活センター紛争解決委員会特別委員
平成23年〜悪質サイト被害対策弁護団神奈川団長
平成24年度日本弁護士連合会副会長
平成25年〜カネボウ美白化粧品被害救済神奈川弁護団長
平成26年〜日本弁護士連合会自殺問題対策PT座長
平成26年〜内閣府「自殺対策官民連携協働会議」委員
平成26年7月〜神奈川県消費生活審議会委員
平成27年4月〜特定非営利法人(NPO法人)消費者支援かながわ理事長就任
平成28年8月~神奈川県消費生活審議会会長

 証券・保険・金融などの消費者問題や不動産取引・相続・エンターテインメント法などを専門とする。インターネットの中傷ホームページ差止訴訟なども手がける。
主な著書に「悪徳商法に御用心!」(共著・日本評論社)、「訴える側の株主代表訴訟」「証券取引被害救済の手引」「Q&A証券トラブル110番」「消費者法事典」「金融商品取引被害救済の手引」(いずれも同・民事法研究会)「震災の法律相談」(共著・学陽書房刊)「最新くらしの法律相談ハンドブック」(共著、旬報社)など。
主な論文に「証券取引を巡る問題点」(自由と正義1986年7月号)、「証券取引を巡る諸問題」(現代法律実務の諸問題平成4年上、第一法規出版)、「銀行と消費者のあるべき関係を問うた日弁連人権擁護大会シンポジウム」(金融財政事情1996年12月2日号)、「欠陥マンション紛争」(月刊司法書士2006年9月号)、「損失補てんを巡る諸問題」(専門実務研究2号2008年)、「これからの弁護士と弁護士会」(神奈川ロージャーナル1号2008年)《事件に学ぶ消費者法》金融商品取引被害救済に携わった35年(2016年3月現代消費者法30号)など。
横浜市磯子区洋光台在住。同じ磯子区洋光台でオウム真理教に殺害された坂本堤弁護士は横浜法律事務所での6年後輩。坂本弁護士一家拉致事件事実調査合同委員会事務局長。オウム真理教被害対策弁護団。地下鉄サリン事件被害対策弁護団副団長。学生時代は柔道部に所属し、柔道2段。三宅綱子応用武道アカデミー三宅式指圧師範。現在は太極拳に励んでいる。

論文
欠陥マンション紛争
メディア
弁護士.TVバナー
弁護士.TVに動画「自分の信念を全力で貫く」が掲載されました。

△ページの一番上へ

金谷 達成

出身
・神奈川県出身
・茅ヶ崎北陵高校卒業
・早稲田大学法学部卒業
・早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了

略歴

平成8年 4月司法研修所入所(50期)
平成10年 4月弁護士登録(横浜弁護士会)
平成10年 4月市民総合法律事務所入所
平成14年〜15年横浜国立大学大学院国際社会科学研究科非常勤講師
平成16年4月〜21年3月早稲田大学大学院法務研究科アカデミックアドバイザー
平成20年7月〜24年3月日本弁護士連合会司法改革調査室嘱託
平成24年度平成24年度横浜弁護士会副会長
平成25年6月〜27年5月日本弁護士連合会司法改革調査室嘱託
平成26年4月〜横浜弁護士会刑事弁護センター運営委員会委員長
平成27年度〜横浜弁護士会常議員会副議長
平成28年6月~日本弁護士連合会刑事弁護センター副委員長

すでに発生してしまった紛争を解決することは、弁護士にとって重要な任務ですが、紛争を未然に防ぐために様々な対策を立てることも同じく弁護士の重要な任務です。最近、そのことを痛感するご相談、ご依頼を多く受けております。
紛争を予防する対策を立てることは、弁護士ひとりだけでできることではなく、税理士さんなど、士業と呼ばれる方々との連携が重要です。幸いなことに、弁護士会の副会長を務めた3年前くらいから、多くの士業の方々と知り合いになり、様々なことを勉強させていただきました。 この取り組みをさらに強化し、企業、個人の方を問わず、紛争を未然に防ぐ活動に力を入れていきたいと考えております。

△ページの一番上へ

西本 暁

出身
・聖光学院高校卒業
・横浜国立大学経済学部卒業

略歴

平成12年 4月司法研修所入所(54期)
平成13年10月弁護士登録(横浜弁護士会)
平成13年10月市民総合法律事務所入所

消費者問題(特に金融商品取引被害)を中心に取り扱っています。全国的な事件としては、これまでに、八葉物流被害対策弁護団、節電器(アイディック)被害対策弁護団、マイカル債弁護団などの一員として事件解決に取り組みました。
  現在、横浜弁護士会消費者問題対策委員会委員(平15年4月〜。平成25年4月からは同委員会副委員長)、日弁連消費者問題対策委員会委員(金融サービス部会所属。平成20年6月〜)です。
  また、全国証券問題研究会の事務局長を務めており(平成25年2月〜。なお、平成21年2月から平成23年2月までは事務局次長でした)、先物取引被害全国研究会の(神奈川)地区幹事でもあります。

△ページの一番上へ

奥 祐介

出身
・光陵高校卒業
・早稲田大学法学部卒業

略歴

平成15年 4月司法研修所入所(57期)
平成16年10月弁護士登録(横浜弁護士会)
平成16年10月市民総合法律事務所入所
平成25年6月日本弁護士連合会民事裁判手続に関する委員会委員
平成26年6月日本弁護士連合会裁判迅速化法問題対策委員会委員

私は、これまで、民事(借金等の金銭トラブル、交通事故、不動産問題、出会い系サイト被害等各種詐欺被害に関わる消費者事件、損害賠償・貸金・請負代金等各種金銭請求ほか)、家事(離婚、相続、遺言書作成、成年後見等)、刑事事件(被害者側、加害者側両方の立場において)など、様々な事件を取り扱ってきました。今後も、市民の皆様の身近なトラブルのお力になれるよう努力していく所存です。
また、これまで様々なご相談に応じ、あるいはご依頼を受ける中で、もっと早くご相談に来ていただければ、と思うことが数多くありました。弁護士に依頼するのはトラブルが発生してから、と思われていないでしょうか。トラブルが発生する前に、あるいは紛争を予防するために、お早めにご相談に来ていただければと思います。
最近では、高齢者の問題にも力を入れております。ご家族が亡くなられた際の遺産相続、ご自身の遺言書の作成、ご自身やご家族の判断能力が衰えた際の成年後見申立等、どなたにも起こり得る問題です。何かお困りなことがあれば、お気軽にご相談ください。

△ページの一番上へ

今井 史郎

出身
・鎌倉高校卒業
・明治学院大学経済学部卒業

略歴

平成 9年〜12年(株)第一勧業銀行勤務
平成12年〜16年(財)法律扶助協会勤務
平成16年 4月司法研修所入所(58期)
平成17年10月弁護士登録(横浜弁護士会)
平成17年10月市民総合法律事務所入所
平成20年4月〜明治学院大学法学部・国家試験対策室
講師(消費者法)
平成21年〜日本司法支援センター(法テラス神奈川)
地方扶助審査委員
平成24年〜日本司法支援センター(法テラス神奈川)
専門審査委員
平成26年〜日本司法支援センター(法テラス神奈川)
地方震災法律援助審査委員
平成29年4月〜神奈川県弁護士会 調査室嘱託

昔から海が好きで、海を見に行くととても心が癒されます。港町横浜でこの仕事に従事できることに喜びを感じつつ、ご依頼者様を初めとする市民の皆様から沢山のことを吸収させていただく研鑽の毎日です。
取扱 事件は、借金・金銭トラブル、家事事件(相続・遺言・離婚・高齢者問題・後見等)、刑事事件、不動産トラブル(借地・借家・売買等)、交通事故等の各種損害賠償など、市民事件全般の取り扱いが多いですが、破産管財事件、医療事件、渉外家事事件、会社内の法律問題などやや専門的分野の事件も比較的多く取り扱っています。
仕事 が深夜まで及ぶことも多々ありますが、今後も多くの事件を通じて研鑽に努めていきたいと思います。

・執筆書籍
 「マンション・団地の法律実務」(ぎょうせい)共著

・監修書籍
「 外国人のための日本のくらしと法律 Q&A107(第3版)Living with the Japanese Law A Guide for Foreign Nationals in Japan」 (司法アクセス推進協会)

△ページの一番上へ

織田 慎二

出身
・早稲田大学法学部卒業

略歴

平成18年 4月司法研修所入所(60期)
平成19年 9月弁護士登録(横浜弁護士会)
平成19年 9月市民総合法律事務所入所

私は、電機メーカーに勤務後、法曹の世界を目指しました。弁護士の職務は、市民の皆様方の権利を擁護し、実現するためにあると考えております。弁護士の理念である基本的人権の擁護と社会正義の実現が達成できるよう頑張っていきたいと思っています。

△ページの一番上へ

岡村 あすか

出身
・慶應義塾大学経済学部卒業
・中央大学大学院法務研究科修了

略歴

平成22年11月司法研修所入所(新64期)
平成23年12月弁護士登録(横浜弁護士会)
平成23年12月市民総合法律事務所入所

高知県で生まれ育ち、大学で経済学を学んだ後、厳しい社会環境の中で様々な問題に直面して困っている方々の力になりたいと思い、弁護士を目指しました。初志貫徹、お役に立てることの喜びを大切にしながら、依頼者の皆様にとって最善の方法を見つけ出せるよう、粘り強く問題解決に取り組んでいきたいと思います。

△ページの一番上へ

伊藤 正篤

出身
・横浜市出身
・東京学芸大学附属高校卒業
・東京大学法学部卒業
・首都大学東京法科大学院修了

略歴

平成25年11月司法研修所入所(67期)
平成26年12月弁護士登録(横浜弁護士会)
平成26年12月市民総合法律事務所入所

弁護士を志したのは大学生の頃でした。学生の頃から、自分の家族、親戚、友人が大小さまざまな法律トラブルに遭い、悩んでいるのを目の当たりにし、自分が何か役に立ちたい、悩まれている方の泣き顔を無くしたい、という想いを原動力に、弁護士資格を取得しました。
お客様のお立場やお気持ちに寄り添い、丁寧に事情をお聞きし、最善の解決に向けて全力で取り組みます。
困難な状況でも諦めず、ひとつひとつお客様と一緒に前に進んでいけるよう努力致します。

論文
中日両国の比較を踏まえた日本のマンション法制度の現代的問題の紹介

△ページの一番上へ

レフトメニュー

法律相談バナー

プライバシーポリシー

民事
商事
家事
刑事弁護
消費者問題
取り扱い地域
用語の説明
具体的金額
具体的金額
刑事弁護
少年事件
離婚
債務整理
相続・遺産分割
遺言書
交通事故
労働事件
未公開株
武井共夫
金谷達成
西本暁
奥祐介
今井史郎
織田慎二
岡村あすか
伊藤正篤
・電話
Eメール
交通機関
サイトマップ
QRコード